「これが『ガメラ映画』だ」の真意
『ガメラ3 〜邪神<イリス>覚醒〜
東宝洋画系


 なんだか、前評判の異常に高かった『ガメラ3〜邪神<イリス>覚醒〜』だけど、みなさんはいかがご覧になりました? 私は運よく知人から試写会の招待状をいただけたので、一足先に観れたのだけれど‥‥。いや、確かに凄いです。
 思い起こせば、平成ガメラ第一作から、友人に「ぜひ観なさい」と、勧められてはいたのだ。前作に至っては、それはもう多くの人たちから。ただ、私はそれまで怪獣映画を映画館で観る習慣がなく(そもそも映画を観に行く習慣がないのだけど)、レンタルビデオも借りたことがない人間なので、結局、彼らの助言を流してきてしまったわけ。
 そして昨年暮れ。新作公開に先駆けてテレビ放映された『ガメラ〜大怪獣空中決戦〜』を観て、みんなが勧めていた理由がよぉくわかった。確かに凄い。そして、年が明けて放映された『ガメラ2〜レギオン襲来〜』も。こりゃ、新作に向けての世間の期待も高まろうってもんです。
 で、『ガメラ3〜邪神<イリス>覚醒〜』である。とにかく冒頭から、ワクワクさせられる。話題の「渋谷」のシーンは、もう凄い凄い凄い!ってもんである。

 ところで、これ、言っちゃいけないんだろうけど、ガメラって、やっぱりカメなんだよね。どんなにリアルで迫力のある映像を見せつけられても、カメ。(笑)
 ただ、それを忘れさせるほどの作品に仕上がっているというのが、このシリーズの凄さなんだろう。「所詮カメ」といったって、USガッズィラが許されるんなら同じことだし。逆に「所詮カメ」だからこそ、そのハンディ(?)を乗り越えんとして、この完成度が生まれたとも言えるわけだから。やっぱり、ハードルが高いほど、跳躍力は増すのである。

 で、新作を観終えた気分なんだけど‥‥。
 テレビでの前振り番組を観て、なんだか嫌な印象があった。「これは『完結編』といわれているが、本当に完結するのか?」ということが、妙に強調されていたからだ。さらに、この番組で金子監督はこう言っていた。「第一作は怪獣映画の王道、第二作は怪獣映画の枠を越える。そして新作は、『ガメラ映画』だ」と。
 なによ、その『ガメラ映画』って‥‥、と思っていたのだけれど、そういうことでしたか。

 この気分、なんだか京極夏彦の『塗仏の宴 宴の始末』の読後感と似ている。これで一件落着と思っていたのに‥‥という奴である。
 もちろん、この映画の結末をもって「完結」としていけないわけじゃないとも思う。ストーリーとしてはね。でもさ、なんだか「続きを観せろ!」という世論を煽っているように感じてしまうのだな。『GI』『GII』で築いた世界のなかで展開する「ガメラ物語」の始まり。新作に対し「これが『ガメラ映画』だ」という言葉の裏に、そんな気配を感じてしまうわけ。
 次は総力戦か‥‥?(^_^;

(樋淑 瑞葉)


総目次へ